悪魔の簿記〜日商簿記検定を最短攻略!魔法で導く合格への道〜

悪魔の簿記メルマガ登録

勘定科目 「当座預金」

通貨、紙幣

これが重要!

 

当座預金とは、銀行との契約に基づいて随時出し入れできる無利息の預金

 

であり、支払専用の預金口座(決済用預金)です。

 

主な特徴は2つあります。

 

預金を引き出す際には小切手を用いる必要があること

⇒ATMによる引き出しや振り込みによる支払いはできない

 

預金を預けていても利息が付かないこと

当座預金を利用する3つのメリット

ATM引き出しができないことや、振り込みができないこと

 

預金残高に利息が付かないこと

 

という2つの特徴は一般的に認知されている当座預金の悪しき性質であると言えます。

 

僕が日商簿記検定3級を受験したときには

 

「こんな預金を利用するメリットなんてあるのかなー」
「普通預金の方が利息もつくし、良くない?」

 

ってずっと思っていました。

 

しかし、一般企業でもこの当座預金の口座を利用しているケースは多くあります。

 

どこにそんな魅力があるのか?

 

これからその魅力をお話しします。

 

 

大きく分けると当座預金を利用するメリットは全部で3つあります。

 

まず1つ目。それは・・・

 

引出限度額に制限がないこと

 

です。

 

個人にしろ、法人(会社)にしろ、普通預金の場合だと、1日当たりの引き落とし額には制限があります。

 

個人なら1日当たり100万円とか、
法人なら1日当たり1,000万円といった具合にです。

 

従って、法人同士の取引(いわゆる「B to B」)の場合の取引金額に制約がかかることになります。

 

法人間取引は一回の取引金額が大きいため、普通預金による決済では対応できないことが多いわけです。

 

そこで引出限度額に制限がない「当座預金」が利用されることになります。

 

これが、当座預金が決済用預金といわれる理由です。

 

 

当座預金を利用するメリットの2つ目。それは・・・

 

引出の際に手数料がかからないこと

 

です。

 

一般的に普通預金の場合は、預金の移動にはお金がかかります。

 

ATMの利用時にATM手数料が徴収されますし、
振り込みの際には振込手数料がかかるわけです。

 

特に振り込みは金額に応じて手数料が変動するため、何百万円の振込額に対しては数万円単位の手数料が必要になることも少なくありません。

 

毎回の振込額が少額だとしても、回数が多くなると、最終的な手数料額は相当な額に上ります。

 

まさに「塵も積もれば山となる」状態です。

 

僕が税理士として顧問先の決算書を見るときには、最初に振込手数料(簿記上の勘定科目は「支払手数料」)勘定の内訳を確認しています。

 

なぜなら、コスト削減が可能だからです。

 

具体的には

 

口座振替に変更してもらう
小切手払いに変更してもらう

 

いずれかの変更により、振込手数料という無駄極まりない経費を削減することができます。

 

 

最後に当座預金を利用する3つ目のメリットですが、

 

それは、当座借越(かりこし)というマイナスの当座預金が利用可能

 

ということです。

 

例えば、預金残高が100万円の場合

 

普通預金だと120万円の引き出しは当然できません。当たり前の話ですね。

 

しかしこれが当座預金になると話は変わってきます。

 

当座預金の場合には、口座の開設時に銀行と当座借越契約を締結することができます

 

その際に当座借越の限度額設定を行うのですが、この金額の範囲内であれば、当座預金残高を超えて小切手を振り出すことが可能なのです。

 

例えば、当座借越の限度額が50万円の場合・・・

 

100万円の当座預金残高を超えて120万円の小切手を作成することが可能なのです。

 

差額の20万円がマイナスの当座預金、即ち「当座借越」です。

 

これは銀行からの一時的な借入に相当します。

 

企業から見れば、一時的に資金ショートに陥りかけても、その後に入金があることが分かっているのであれば、その都度、銀行に融資の申し込みをしなくても済むわけです。

 

上記の例で、120万円の小切手を作成した3日後に50万円の入金が予定されているのであれば、わざわざ20万円の借り入れを銀行に出向いて行う必要はなく、マイナスの当座預金という形で20万円を計上した後に50万円の入金があった際、自動的に20万円の返済がなされることになります。

 

その点で、企業にとっては非常に使いやすい預金だと言われるのです。

 

まとめると

 

当座預金のメリットは3つ

 

引出限度額に制限がないこと

 

引出の際に手数料がかからないこと

 

当座借越というマイナスの当座預金を利用できること

 

です。

 

 

なかなか表に出てこない当座預金の利点ですので、知っておくと良いと思います。

当座預金関連ページ

現金
日商簿記検定3級、2級、1級、全経上級、税理士、公認会計士の6つの試験を制した松本翔が、受験学校では絶対に教えてくれない悪魔的な手法(簿記の裏ワザ)を駆使して、日商簿記検定合格の秘訣を伝授します!
売掛金
日商簿記検定3級、2級、1級、全経上級、税理士、公認会計士の6つの試験を制した松本翔が、受験学校では絶対に教えてくれない悪魔的な手法(簿記の裏ワザ)を駆使して、日商簿記検定合格の秘訣を伝授します!
受取手形
日商簿記検定3級、2級、1級、全経上級、税理士、公認会計士の6つの試験を制した松本翔が、受験学校では絶対に教えてくれない悪魔的な手法(簿記の裏ワザ)を駆使して、日商簿記検定合格の秘訣を伝授します!

おススメ電卓!!


トップページ メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ