日商簿記の勘定科目|受取手形

悪魔の簿記メルマガ登録

勘定科目 「受取手形」

ユーザー

 

これが重要!

 

受取手形とは、満期日に額面金額を受け取ることができる債権である。

 

満期日は通常、手形振出時(=作成時)から90日、ないし120日が一般的である。

 

従って、手許にお金がなく、支払期日を延期したい時には、当初から手形取引を行うことで
資金難を防ぐために利用されることも多い。

 

売掛金とは違って、満期日(期日)における入金が強制されるという特徴を有する。

受取手形関連ページ

現金
日商簿記検定3級、2級、1級、全経上級、税理士、公認会計士の6つの試験を制した松本翔が、受験学校では絶対に教えてくれない悪魔的な手法(簿記の裏ワザ)を駆使して、日商簿記検定合格の秘訣を伝授します!
当座預金
日商簿記検定3級、2級、1級、全経上級、税理士、公認会計士の6つの試験を制した松本翔が、受験学校では絶対に教えてくれない悪魔的な手法(簿記の裏ワザ)を駆使して、日商簿記検定合格の秘訣を伝授します!
売掛金
日商簿記検定3級、2級、1級、全経上級、税理士、公認会計士の6つの試験を制した松本翔が、受験学校では絶対に教えてくれない悪魔的な手法(簿記の裏ワザ)を駆使して、日商簿記検定合格の秘訣を伝授します!

おススメ電卓!!


トップページ メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ