簿記の勘定科目,現金

悪魔の簿記メルマガ登録

勘定科目 「現金」

通貨、紙幣

これが重要!

 

簿記の世界の現金は

 

日本銀行券・・・1万円札や1,000円札のような紙幣と500円玉や100円玉のような硬貨 と
通貨代用証券・・・銀行や郵便局でいつでも換金できるもの

 

から構成されます。

 

通貨代用証券の具体例

他人振出小切手(第三者が作成した小切手のこと)
送金小切手(銀行に持参すればいつでも通貨と交換が可能な小切手)
郵便為替証書(郵便局に持参すればいつでも通貨と交換が可能な証券)
配当金領収証(配当金の代わりに株式の発行会社から送られてきた証書)
期限到来済みの公社債利札(利子付の公社債に付いている利札のうち、支払期限の到来したもの)

 

日商簿記3級では、最低限、他人振出小切手が現金になることは押さえておきましょう。

 

他人振出小切手は他人(=第三者)が振出(=作成)した小切手(ぺら1の紙切れ)であり、
銀行や郵便局に持参すれば、いつでも換金が可能なことから、通貨代用証券とされます。


簿記の世界における現金は範囲が広い!

記念すべき勘定科目第1号は「現金」です。

 

現金といえば、お財布の中に入っている紙幣や硬貨を連想すると思います。

 

しかし、簿記の世界では換金性の極めて高いものは「現金」という勘定科目で処理することにしています。

 

理由は、現金と性質が同じだからです。

 

これは、簿記の世界ではすごく重要な考え方なんですが、

 

簿記は形式よりも実質を優先するという超重要原則が存在します。

 

だから、形式的にはとても現金とは言えないような「配当金領収証」であっても換金性が高いという点から、実質的にはお財布の中にある現金と同じであると考えているのです。

 

僕が公認会計士として監査法人で勤務していた時には、期末(決算日)に会社の金庫を見せてもらって、紙幣や硬貨以外に換金性が高い通貨代用証券がないかどうかをきちんとチェックしていました。

 

会社の金庫の中には
・紙幣や硬貨
・小切手
・手形
・株式や社債といった有価証券

 

などが実際に入っています。

 

この中から通貨代用証券が、正しく現金として処理されているかをチェック(監査)するのです。

 

ちなみに換金性という言葉は簿記の世界では直ちに現金化できるという意味で「流動性」と言います。

 

換金性が高い=流動性が高い=直ちに現金化できる

 

という意味で捉えて下さい。

 

だから、現金は一般に「流動資産」と言われます。

現金関連ページ

当座預金
日商簿記検定3級、2級、1級、全経上級、税理士、公認会計士の6つの試験を制した松本翔が、受験学校では絶対に教えてくれない悪魔的な手法(簿記の裏ワザ)を駆使して、日商簿記検定合格の秘訣を伝授します!
売掛金
日商簿記検定3級、2級、1級、全経上級、税理士、公認会計士の6つの試験を制した松本翔が、受験学校では絶対に教えてくれない悪魔的な手法(簿記の裏ワザ)を駆使して、日商簿記検定合格の秘訣を伝授します!
受取手形
日商簿記検定3級、2級、1級、全経上級、税理士、公認会計士の6つの試験を制した松本翔が、受験学校では絶対に教えてくれない悪魔的な手法(簿記の裏ワザ)を駆使して、日商簿記検定合格の秘訣を伝授します!

おススメ電卓!!


トップページ メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ