大学の簿記が面白くない理由

悪魔の簿記メルマガ登録

大学の簿記が面白くない理由

大学の簿記が面白くない理由

僕が初めて簿記に触れたのは大学1年生の時でした。

 

入学当時、友達に誘われて「簿記概論1」という授業を
教室で受けた時の衝撃は今でも忘れられません。

 

使用したのは中○経済社から出ている
「簿○講義3級」(まんまやん!)というテキストでした。

 

 

------------------------------回想ここから--------------------------------------

 

教授「それでは始めます。10ページの貸借平均の原理について
   あーだ、こーだ(以下、テキスト棒読み)・・・」

 

僕「???」

 

教授「20ページの転記についてはごにょごにゅ・・・
(以下、テキスト棒読み)」

 

僕「????」

 

理由の説明もなく、淡々と進む講義。。。

 

教授「では、今日の講義は終わります。
   次回から授業の冒頭15分を使って毎回小テストします。」

 

学生一同「えーっ!」

 

 

講義後、、、学生たちから聞こえてくる声。

 

「俺、簿記全然分からないよー。」

 

「もう丸暗記で毎回のテストに臨むしかないな。」

 

「やっぱり、簿記って面白くないね。」

 

僕「・・・」

 

------------------------------回想ここまで--------------------------------------

 

学者が書いた自己満足に近い内容のテキストに、
これまた教授の火に油を注ぐようなお粗末な講義。

 

こりゃ、簿記が難しく感じたり、敬遠したりする
人が多いのもある意味当然だなーと思いました。

 

簿記に関する第一印象は最悪でした。

 

なぜ、教授が関与する簿記のテキストと
教授が説明する簿記の講義は分かりにくいのか?

 

これには2つの理由が存在します。

 

(1つ目の理由)

 

・大学教授は研究のプロであって、指導のプロではないこと。

 

 

まず、1つ目の理由ですが、研究というのは新しい
知識を身につけるためのインプットです。

 

一方、指導というのはその知識を分かりやすく転換
した上で、受け手に上手く伝えるためのアウトプットです。

 

大学教授は自らの得意分野の研究を生業としているのであって、
教えることは二の次、三の次なんです。

 

インプットとアウトプットというのは
車の両輪に例えることが多いのですが、
どちらもバランスが重要なんです。

 

大学教授の場合は圧倒的に
インプット>アウトプット

 

なんですよね。つまり、アンバランスなんです。

 

 

水に例えるならば、

 

ダムに知識という名の水が大量に入って来たとしても、
適切な水量を放水しないので、
下流に住んでいる人間が、
その水の恩恵を受けられていない

 

ようなものです。

 

これが、大学教授による簿記講義が分かりにくい1つ目の理由です。

 

 

(2つ目の理由)

 

・言いたいことと伝えたいことの区別がついていないこと

 

この2つ目の理由は非常に奥が深いお話しなんですが、
両者の違いをまとめると・・・

 

言いたいこと⇒自分を重視。主観的、一方的。
伝えたいこと⇒相手を重視。客観的、双方向的。

 

といった感じです。

 

さっきお話ししたように
教授は指導のプロではないので、
言いたいことと伝えたいことの違いがよく分かっていません。

 

ゆえに、言いたいこと=伝えたいこと=伝わること⇒言いたいことはすべて伝わった。

 

 

みたいな謎の公式が存在しているのです。

 

結局、教授の言いたいことっていうのは、
本人による自己満足でしかないわけです。

 

 

学生の立場に立って、簿記検定に出るから重要
っていう見方ではなく、

 

自分が言いたいから説明が必要
っていう見方なんです。

 

以上の2つの理由
・大学教授は研究のプロであって、指導のプロではないこと。
・言いたいことと伝えたいことの区別がついていないこと

 

が、大学教授による簿記講義が分かりにくい理由です。


おススメ電卓!!


トップページ メルマガ登録 プロフィール お問い合わせ